声の足跡/日向坂46 歌詞の意味とMVの見どころを解説!

歌詞考察

日向坂46 バラエティ担当・加藤史帆 初のセンター曲『君しか勝たん』ジャケ写全公開(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

「日向坂46」の5thシングル「君しか勝たん」のカップリング曲である「声の足跡」の歌詞の意味の考察とMVの見どころを紹介していきたいと思います!

青春」をテーマにグループの過去未来を示すような楽曲になっておりファン必聴です!



「声春っ!」の主題歌に抜擢!

「声の足跡」は日向坂46のメンバーが出演している「声春っ!」の主題歌となっています。

丹生明里佐々木美玲のダブル主演となっていて、楽曲のフォーメーションでもこの二人がダブルセンターとなっています。

このドラマは声優になることを夢見て奮闘する正に「青春」なドラマとなっています。

日向坂46を知らない人でも楽しめる作品となっているのでチェックしてみてください!

タイトルの意味

タイトルである「声の足跡」の「声」「足跡」はそれぞれ何を指しているのでしょうか

日向坂46にとっての「声」は楽曲です。彼女たちが伝える想いが楽曲を通して「声」となってファンの元に届きます。
そして「足跡」とはこれまでの歴史のことを表します。けやき時代から日向坂46まで一歩一歩前に進んできたからこそ「足跡」となって今の足元まで伸びているのです。

つまり「声の足跡」とはこれまでの日向坂46が楽曲を通して歩んできた道のりをあらわしているのです。

歌詞

誰かに何か言われるたびに
そうじゃないんだと言いたくなる
いつかそれが間違いだと気づいても
今はやりたいようにやらせてくれ

遠回りになってしまうけど
結局若さとはそういうもの
信じることでいつも傷ついて
自己嫌悪に陥ってしまう

それでもいいんだと大人になれば分かる
あの頃悩んでいた自分に言いたい

声は届いたか 僕の真の叫びが
街のノイズにかき消されずに風に運ばれて
君に届いたか 思いは濁ることなく
真っ青な空 飛行機雲がまっすぐに横切ってく足跡よ

意地を張ってたった一人きり
みんなと逸れてしまったようで
どの分岐点で間違えたのか
道を何度も振り返ってる

愚かな経験は誰にもあるんだよと
鏡の中の自分に聞かせてあげたい

声は届くだろう 君に伝えたいこと
耳をすませばずっと前から僕は叫んでた
きっと届くだろう 何度も繰り返したし
急に雨雲が空を覆っても降り出した雨の中ではっきりと

自由と引き換えに何かを失うんだ
説教臭いことから逃げ出したくなる

声は何処からか いつも聴こえてくる
眠れぬ夜は心の森の木々を揺らすだけ

声は届いたか 僕の真の叫びが
街のノイズにかき消されずに風に運ばれて
君に届いたか 思いは濁ることなく
真っ青な空 飛行機雲がまっすぐに横切ってく足跡よ
その声は僕たちの足跡

作詞/秋元康 ※公式に歌詞が発表次第修正します

歌詞考察

一番

誰かに何か言われるたびに
そうじゃないんだと言いたくなる
いつかそれが間違いだと気づいても
今はやりたいようにやらせてくれ

自分がやりたいって思ったことでも周りの人間に止められることはよくありますよね。客観的に見ると成功の可能性が低いことでも自分が決めたことだからそれでいい。
説明されたとしてもやらなきゃ分からないんです。正解不正解は進んだ先にしか見えないから僅かな正解に進みたいという願いですね。

遠回りになってしまうけど
結局若さとはそういうもの
信じることでいつも傷ついて
自己嫌悪に陥ってしまう

それでもいいんだと大人になれば分かる
あの頃悩んでいた自分に言いたい

若さ故にできると思ってやってみるけど、実際は簡単にはいかないんですよね。そんな自分に嫌気がさしてしまいます。
でもそんな日々もいつか思い出になったときに良かったなって言えるものです。振り返ればその葛藤も大切な時間っだったのです。

ここまでの歌詞はけやき時代へのメッセージなのではないでしょうか。
今でこそ色んな番組でも活躍し大人気ですが、けやき時代は苦しい日々でした。当時圧倒的人気を誇るセンター平手友梨奈を筆頭にした欅坂46。その実質的に2軍扱いだったけやき坂。握手会も欅坂46は長蛇の列ですが、その横でけやき坂はレーンがガラガラでした。
アイドルになりたくて信じて進んだ道でしたがその苦労は私たちには計り知れません。

でもその時を経て少し大人になった今となってはけやき時代に自分を信じ続けて良かったと思えているはずです。あの頃の自分にそのまま信じていいんだって肯定してあげたいのではないでしょうか

声は届いたか 僕の真の叫びが
街のノイズにかき消されずに風に運ばれて
君に届いたか 思いは濁ることなく
真っ青な空 飛行機雲がまっすぐに横切ってく足跡よ

前の歌詞を踏まえて、ここでの「僕」今の自分「君」あの頃の迷っていた自分だと考えます。
何にも邪魔されることなく今の自分の想いが過去の自分に届いて欲しいと叫びになって表されています。
空に描かれる飛行機雲を辿れば未来が見えるというメッセージを感じます。
「真っ青な空」も日向坂46のイメージカラーの空色を連想させますね!

二番

意地を張ってたった一人きり
みんなと逸れてしまったようで
どの分岐点で間違えたのか
道を何度も振り返ってる

愚かな経験は誰にもあるんだよと
鏡の中の自分に聞かせてあげたい

このブロックの前半は過去の回想です。過去に意固地になったこともあり、若くて愚かだったと感じています。
そんな過去があったけど鏡の中の自分=今の自分に大丈夫って伝えているのでしょう。

声は届くだろう 君に伝えたいこと
耳をすませばずっと前から僕は叫んでた
きっと届くだろう 何度も繰り返したし
急に雨雲が空を覆っても降り出した雨の中ではっきりと

ここは過去から今に向けてのメッセージではないでしょうか。
今、目の前に雨雲=困難な障壁があって折れてしまいそうになっている。
でもずっと前から強く信じていたものが過去からのメッセージとなり、叫びとなって今の自分を突き動かす力になるのです。
雨=ノイズで先が見えにくくなったとしても、この想いだけははっきりと心のなかに残り続けるのです。

Cメロ

自由と引き換えに何かを失うんだ
説教臭いことから逃げ出したくなる

声は何処からか いつも聴こえてくる
眠れぬ夜は心の森の木々を揺らすだけ

自由と引き換えに何かを失うって珍しい表現ですよね。普通は自由と引き換えに何か手に入れることが語られる場合が多い気がします。
今やっていること全てを投げ出してしまえば時間を手に入れなんの制限もなく生きていくことができます。でも投げ出した先にある未来も失っているんですよね。
声が聞こえる限りは諦めない。眠れない夜も少しの心のざわめきにすぎません。

ラスサビ

声は届いたか 僕の真の叫びが
街のノイズにかき消されずに風に運ばれて
君に届いたか 思いは濁ることなく
真っ青な空 飛行機雲がまっすぐに横切ってく足跡よ
その声は僕たちの足跡

ここは今の自分達の声未来の自分達に届けていると考えます。
未来の自分が立ち止まってしまいそうになっているかもしれない。
でも未来の自分に声を届けるのです。今の自分が途切れないように
心の叫びがいつか振り返ったときに思い出が足跡となって未来の自分をつくっているから。

聞き手によって過去と現在と未来の立ち位置は変化しますが、もう少し頑張ろうと思わせてくれる楽曲ですよね!



MVの見どころ

このMVは歴代の振り付けや演出が各所のてんこ盛りです!
尋常じゃないくらいのオマージュが隠されています!
できる限りまとめてみましたので、この記事を片手にMVを見てみてください

一番
0:11 ときめき草
0:20 ときめき草
0:22 期待していない自分(推し尊い)
0:24 ドレミソラシド、僕たちは付き合っている
0:27 ときめき草
0:30 期待していない自分
0:34 期待していない自分
0:36 誰よりも高く跳べ
0:38 誰よりも高く跳べ
0:41 それでも歩いてる
0:49 キュン
0:55 僕たちは付き合っている
0:57 ときめき草
1:02 キュン
1:10 ソンナコトナイヨ
1:18 100年待てば
1:19 キュン
1:43 僕たちは付き合っている
二番
1:49 キュン
1:54 キュン
1:57 ドレミ
1:58 JOYFUL LOVE
2:04 キュン
2:06 ゴリゴリドーナツ
2:12 期待していない自分
2:15 青春の馬
2:16 アザトカワイイ
2:19 誰よりも高く跳べ
2:28 二人セゾン
2:29 期待していない自分
2:41 期待していない自分
2:53 期待していない自分
3:07 ドレミソラシド、ときめき草
3:17 ときめき草
3:21 青春の馬
3:33 ときめき草、イマニミテイロ
ラスサビ
4:04 キュン
4:13 それでも歩いてる
4:40 サイレントマジョリティー

まだまだ見つけ切れていないところもあると思いますのでよかったらコメントしてください!

おわりに

いかがでしたか?今後日向坂46の歴史においても重要な曲になるであろう「声の足跡」を深く味わうことができたのではないでしょうか
「君しか勝たん」には期別の楽曲も収録されるので楽しみが止まりません!

ナナメ
ナナメ

おい日向坂46! 好きぇ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました