老人と海/ヨルシカ<歌詞の意味と解釈を考察>いくつになっても夢を見る

歌詞考察

ヨルシカの「老人と海」の歌詞の意味と解釈を考察していきたいと思います。

この曲はヘミングウェイの短編小説からインスパイアされ注目を浴びています!

美しい描写と景色がパッと浮かぶメロディーはどんな意味が隠されているのでしょうか??

それでは見ていきましょう!!!

概要

この曲は2021年8月18日に配信が開始されました。

前作「風の又三郎」では宮沢賢治の原作をモチーフにしました。
今回はその第二弾とも言える作品となっています。

今作はアーネスト・ヘミングウェイによる短編小説「老人と海」をモチーフに書き下ろした一曲となりました。

また、この曲は株式会社バニッシュ・スタンダード「STAFF START」CMソングにも抜擢されました。

STAFF START × ヨルシカ「老人と海」コラボムービー 〜”好きを信じる人”篇〜(特別動画 ワンコーラスver)

原作のストーリー

「老人と海」は1952年に出版されたアメリカの作家ヘミングウェイの短編作品です。1954年にはノーベル文学賞を受賞するなど世界的に人気な作家です。

ざっくりとした世界観を掴んでもらうためにあらすじを引用します

キューバの老漁夫サンチャゴは、長い不漁にもめげず、小舟に乗り、たった一人で出漁する。
残りわずかな餌に想像を絶する巨大なカジキマグロがかかった。
4日にわたる死闘ののち老人は勝ったが、帰途サメに襲われ、舟にくくりつけた獲物はみるみる食いちぎられてゆく……。
徹底した外面描写を用い、大魚を相手に雄々しく闘う老人の姿を通して自然の厳粛さと人間の勇気を謳う名作。

Amazon商品ページより

この物語は「得るもの」と「失うもの」で構成されています。
妻を失い、彼を慕う友であり弟子をも失います。遂には漁師であるはずの彼が魚をとるための網をも売ってしまいます。

そんな失ってばかりの老人が本当に望むのはカジキなのです。

本当に望んだものを手に入れるために何があっても戦う。「打ち砕かれることはあっても、負けることはないんだ」。
そんなメッセージと共にどんな困難も乗り越えていく勇敢な姿が描かれています。

Point
  • 海って何を表してるの??
  • なんでライオンがでてきた⁉
  • 夢は終わらない!!

歌詞

靴紐が解けてる 木漏れ日は足を舐む
息を吸う音だけ聞こえてる
貴方は今立ち上がる 古びた椅子の上から
柔らかい麻の匂いがする

遥か遠くへ まだ遠くへ
僕らは身体も脱ぎ去って
まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ
風に乗って
僕の想像力という重力の向こうへ
まだ遠くへ まだ遠くへ
海の方へ

靴紐が解けてる 蛇みたいに跳ね遊ぶ
貴方の靴が気になる
僕らは今歩き出す 潮風は肌を舐む
手を引かれるままの道

さぁまだ遠くへ まだ遠くへ
僕らはただの風になって
まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ
風に乗って 僕ら想像力という縛りを抜け出して
まだ遠くへ まだ遠くへ 
海の方へ

靴紐が解けてる 僕はついにしゃがみ込む
鳥の鳴く声だけ聞こえてる
肩をそっと叩かれてようやく僕は気が付く
海がもう目の先にある

あぁまだ遠くへ まだ遠くへ
僕らは心だけになって
まだ遠くへ 海も越えてまだ向こうへ
風に乗って 僕の想像力という重力の向こうへ
まだ遠くへ まだ遠くへ
海の方へ

僕らは今靴を脱ぐ さざなみは足を舐む
貴方の眼は遠くを見る
ライオンが戯れるアフリカの砂浜は
海のずっと向こうにある

作詞作曲:n-buna

歌詞考察

一番

靴紐が解けてる 木漏れ日は足を舐む
息を吸う音だけ聞こえてる
貴方は今立ち上がる 古びた椅子の上から
柔らかい麻の匂いがする

この曲は物語のように場面がどんどん転換していきます。
序章ともいえるこのブロックでは主人公が旅に出るその瞬間を描写しています。

この詩を見て主人公と貴方は穏やかに過ごしているような情景が目に浮かびます。

靴紐が解けている。本来歩くためには結び直さないといけないはずです。でもそうしないということは歩く用事もない。
木漏れ日が足にしか当たっていないことからも、日陰でゆっくりしているような景色が見えます。

古びた椅子とは自分は長年何もせずにのうのうと過ごしてきたことを表しているのではないでしょうか。

そんな穏やかな時間を過ごしていましたがふと自分が何を望んでいるのか何がしたいのかということが分かってそれを手に入れようと立ち上がります。

ここから主人公たちの冒険は始まっていくのです。

遥か遠くへ まだ遠くへ
僕らは身体も脱ぎ去って
まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ
風に乗って
僕の想像力という重力の向こうへ
まだ遠くへ まだ遠くへ
海の方へ

海を求めて彼らは歩きだします。

「身体も脱ぎ去って」というのは主人公が老人だからこその表現ではないでしょうか。
年齢も老いも関係なく、身体はあちこちが痛んでも、心は自由に歩いて行けるんだ。

今はまだ頭の中にしかない海を掴みとるために遠くへと歩いていきます。

さあここでPointとなる「」とは何を表しているのか。
もう分かっているかもしれません。

それは「心から望んでいる夢」のことを表しています。

この物語では主人公たちが本当に望んでいるものが海です。そんな途方もない、遥か先にあるようなその景色を目にするために少しづつ諦めることなく進んでいくのです。

リスナーである私たちも「海」を自分がやってみたいことや成し遂げたいことに置き換えてみると主人公たちと同じ気持ちを味わえます。

ナナメ
ナナメ

わいはでっかい唐揚げが食べたい!!

二番

靴紐が解けてる 蛇みたいに跳ね遊ぶ
貴方の靴が気になる
僕らは今歩き出す 潮風は肌を舐む
手を引かれるままの道

解けた靴紐が跳ねているところから歩みを急いでいる様子が伝わります。

穏やかに暮らしていたときは気にも留めなかった靴紐が、歩いていく内に転んでしまいそうで気になります。

そうやって歩いていると潮風を感じさせます。望んだものが手に入りそうな予感がしてきたのです。

手を引くのは他の誰でもなく望んだ景色であって自分自身でしょう。
いつか手に入れるんだと意気込んで少しづつ困難を乗り越えて歩んできたのは、誰かから言われたからじゃなくて自分が望んだからです。

そんな美しい景色がの予感を感じます。

さぁまだ遠くへ まだ遠くへ
僕らはただの風になって
まだ遠くへ 雲も越えてまだ向こうへ
風に乗って 僕ら想像力という縛りを抜け出して
まだ遠くへ まだ遠くへ 
海の方へ

それでもまだまだ進みます。
風のように息を切らして駆けていきます。どこまでも続くこの道がいつか美しいゴールに続いていることを祈って進み続けます。

何度も遠くへと歌うことでその道の長さと困難さを表すとともに、遠くへと駆けていく高揚感も伝わってきます。

サビの部分はsuisさんとn-bunaさんのコーラスで構成されています。
それが主人公と貴方の二人を表しているようでお互いに手を取り合って進んでいるような印象を受けます。

ラスト

靴紐が解けてる 僕はついにしゃがみ込む
鳥の鳴く声だけ聞こえてる
肩をそっと叩かれてようやく僕は気が付く
海がもう目の先にある

ただ夢中で駆け抜けてきました。でも果てしなくて、いつ終わりがあるのだろうって途方に暮れてしまいます。

でも気づかせてくれたのは隣にいる君でした。

望んだ景色がすぐ目の前に広がっているのです。

あぁまだ遠くへ まだ遠くへ
僕らは心だけになって
まだ遠くへ 海も越えてまだ向こうへ
風に乗って 僕の想像力という重力の向こうへ
まだ遠くへ まだ遠くへ
海の方へ

直前の間奏で波の音が聞こえてくるのがいいですよね。

そして「あぁ」という感嘆の後の僅か数秒の余白がこれまでの歩みがいかに困難で果てしなくて、それでも乗り越えてたどり着いた感動がひしひしと伝わります。
この余白をつくることができるのは流石としかいいようがありません。

遂にたどり着いたその時、感動と目の前にある好奇心でいっぱいです。

どれだけ頭の中でクリアに描いても実際に体験するのとでは訳が違うのです。

僕らは今靴を脱ぐ さざなみは足を舐む
貴方の眼は遠くを見る
ライオンが戯れるアフリカの砂浜は
海のずっと向こうにある

さあPointの「ライオン」です。

このライオンというのは原作にも度々でてきます。本文の最後でも老人はライオンの夢を見て終わります。

そのためこの曲でも一見突拍子もないライオンというワードが自然に使われています。

ではこのライオンが意味するものは何なのか。

原作では老人にとっての挑戦少年時代の夢象徴なのではないかという解釈をされることが多いです。
小説ではカジキマグロと戦うことで自分の中に潜んでいた熱い心や沸々と湧き上がる少年の心を取り戻した。

そしてその象徴こそがライオンなのである

この曲においても海という一つの目標にたどり着いた。そしてその経験から消えかけていた野心や、やりたいという熱い想いが蘇ってきて
若かりし頃の夢であるライオンを見たいという次の目標が生まれたのだと考えられる。

主人公たちの冒険はまだまだ序章に過ぎず、これからも海の向こうのライオンに出会うために旅は続いていくのです。

おわりに

シンプルなメロディーながらも爽やかさとストーリーが駆け抜けていく感じがたまらない楽曲でした。

ドライブの時に海沿いを走りながら聞きたくなるような気持ちになりました!

もっと深く味わいたい方は原作を読んでみることをおススメします。

細かなニュアンスと情景がこの曲とリンクして、よりクリアで深く楽しむことができます。

150ページ程で非常に短くて、普段本を読まない人でも簡単に読み進めることができます!

ナナメ
ナナメ

安いから買いやすいな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました