ごめんねFingers crossed/乃木坂46 <歌詞の意味とMVの見どころを考察>名車を乗りこなす選抜メンバーに注目!

歌詞考察

乃木坂46が6月9日にリリースする27枚目シングル「ごめんねFingers crossed」のMVが公開されました!

乃木坂46の表題曲にしては珍しいワイルドなMVとなっています。
それでは歌詞の意味の考察とMVの見どころをチェックしていきましょう!

概要

このシングルは乃木坂46の27枚目のシングルとなっています
センターは24枚目以来二度目となる4期生の遠藤さくらが務めます
もう完全に中心メンバーとして存在感を放っていますね!

全体のフォーメーションはこうなっています
3列目:樋口日奈、早川聖来、筒井あやめ、大園桃子、岩本蓮加、清宮レイ、田村真佑、新内眞衣

2列目:秋元真夏、梅澤美波、星野みなみ、松村沙友理、生田絵梨花、久保史緒里、高山一実

1列目:与田祐希、齋藤飛鳥、遠藤さくら、山下美月、賀喜遥香

注目すべき点は初選抜の早川聖来裏センターの松村沙友理ですね

早川聖来は前作の4期生楽曲の「Out of the blue」でセンターを務めたこともありファンからの人気も高いので納得の選抜ですね!

裏センターの松村沙友理はこのシングルを持って伊藤純奈渡辺みり愛とともに卒業することが決定しました。
最近のシンクロニシティの生駒ちゃんから卒業生は裏センターをやる流れができていますね。
両脇を一期生の生田絵梨花と星野みなみで固めて送り出しているのが泣けますよね。

ナナメ
ナナメ

卒業じゃありません、方向転換です

MVの見どころ

乃木坂46『ごめんねFingers crossed』

今回のMVの見どころはなんといっても迫力のカーレースです計6台の実際にレース仕様に整備されている速さとパワーを備えた総額1億円におよぶ車が登場します。与田祐希、遠藤さくら、賀喜遥香チームと、生田絵梨花、齋藤飛鳥、山下美月チームの3対3の大迫力のカーレース勝負が繰り広げられます。公式サイト特設サイトにはMVのストーリーや搭乗する車種まで掲載されています。

ナナメ
ナナメ

個人的なおすすめの見どころは3:34頃、りんごさんを中心に振りかざす手とグッと引き込まれる表情がかっこいいで!

ごめんねFingers crossedとは


人差し指と中指をクロスさせる仕草をFingers crossedと呼びます
意味は「幸運を祈る」「成功を祈る」という意味があります。
過去にはシンクロニシティのカップリング曲で一期生曲の「Against」のサビの振り付けにも出てきました。

乃木坂46 『Against』Short Ver.

今回の曲は失恋が一つのテーマになっていますので、
別れてしまって申し訳ないけどそれぞれの道に幸運を祈るというメッセージだと考えられます。

歌詞

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
君の幸せをずっと祈ってるよ
ごめんね fingers crossed

愛しあうそのことが
初めてだったから
全てがぎこちなくてキスだって下手すぎて
緊張しながら何度も抱き合った

手を伸ばせばいつだって
君がそこにいる
当たり前になってしまったその存在に
甘えて油断してたタイミング

会えない時間が寂しく無くなって
気づけば心は離れてた
やり直そうと言われたら
僕はどうした?

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
冷静じゃないから恋が出来るんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん好きだけど
近づかない遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら fingers crossed

Wow wow wow

なぜ人間の感情は身勝手なものだろう
愛が無くなったら生きていけない
誰もみんな思い込んでるのに
大丈夫

最終電車で見送るstation
僕だけどうやって帰ればいい
動き出した窓ガラス
指をクロスして

いつのまに壊れていたのかな
無我夢中 追いかけるその欲望を
考えるより先に行動してた
慣れてしまうとドキドキしないね

メモリー壊れていたのかな
本能の一部が復元しない
後悔しそうな胸の痛みそっと
このまま fingers crossed

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
冷静じゃないから恋ができるんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん好きだけど
近づかない遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら

君の幸せをずっと祈ってるよ
ごめんね fingers crossed
作詞 秋元康

歌詞考察

一番

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
君の幸せをずっと祈ってるよ
ごめんね fingers crossed

冒頭ですがこれがこの曲の結論です。
愛し合っていた二人はもう冷めてしまった。嫌いになった訳ではないけど愛とは違う。
あの頃のようには戻れないから、それぞれの道を進む。別れてしまうけど少しでも幸せがあるようにと願う。
ごめんねとあやまっているのではその一方的な感情である申し訳なさからではないでしょうか

愛しあうそのことが
初めてだったから
全てがぎこちなくてキスだって下手すぎて
緊張しながら何度も抱き合った

手を伸ばせばいつだって
君がそこにいる
当たり前になってしまったその存在に
甘えて油断してたタイミング

会えない時間が寂しく無くなって
気づけば心は離れてた
やり直そうと言われたら
僕はどうした?

初めての恋人だったんですね。経験がないから何も分からないまま不器用に愛を伝えていました。
その恋人の存在が日常になってしまい好きの気持ちが薄れてしまったのですね。
恋愛は追いかけているときが一番楽しいのはよくわかります。
最後の質問の答えはNoでしょう

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
冷静じゃないから恋が出来るんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん好きだけど
近づかない遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら fingers crossed

好きすぎて頭がサルになってしまうのが恋なんですよね。
冷静になったと気づいたときには心も冷めているのです。
もう恋人への好きという想いは近づくことはない。
言葉では表せないこのモヤモヤをせめて実態として認識するために指を重ね合わせたのでしょうね。

二番

なぜ人間の感情は身勝手なものだろう
愛が無くなったら生きていけない
誰もみんな思い込んでるのに
大丈夫

最終電車で見送るstation
僕だけどうやって帰ればいい
動き出した窓ガラス
指をクロスして

愛が必要ってよく言うけど冷めた人にとっては無くなっても困らないものです
冷めた心のまま恋人と会ったものの胸の内は言えなかったのでしょう。
だからどんな気持ちで帰ればいいのか分からないのです

いつのまに壊れていたのかな
無我夢中 追いかけるその欲望を
考えるより先に行動してた
慣れてしまうとドキドキしないね

メモリー壊れていたのかな
本能の一部が復元しない
後悔しそうな胸の痛みそっと
このまま fingers crossed

好きという想いは論理で導き出すものではありません
恋は本能のままに動くものです。しかし慣れてしまいどこか冷静に過ごす自分がいます
そしてもう恋人に対して本能は動かなくなってしまったのです

後悔しそうってのも自分を客観的に見ている表現のように感じます

ラスサビ

今だってもちろん好きだけど
なぜだろう あの頃に戻れない
冷静じゃないから恋ができるんだ
客観的って自分らしくない

明日ももちろん好きだけど
近づかない遠い光のままで
言葉にできないこの気持ちをそっと
さよなら

君の幸せをずっと祈ってるよ
ごめんね fingers crossed

好きではあるけどそれは友達としてで恋人としてはもう冷めてしまったのですね
一方的な感情だからこそ、謝罪の気持ちと幸せなってほしいと切に願っているのです。

ナナメ
ナナメ

恋人が別れるあるあるやな。

異性としての愛から、家族のような愛に変わっただけだとおもうんやけどな

おわりに

愛する気持ちが冷めてしまった主人公の葛藤を表した作品でした!
乃木坂46の未来を象徴するようなフォーメーションで、今後音楽番組でも披露するダンストラックになりそうですよね

ナナメ
ナナメ

カップリングのりんごさんのソロ曲も最高でした!

卒業記念写真集も買うしかないっしょ

コメント

タイトルとURLをコピーしました